7月のマラソン大会in東京

こんばんは!

もう6月も終わり、もうすぐ7月ですね。
梅雨が明けると本格的に夏日が続きますが、今年はまた猛暑が続く
夏になるそうです。

夏は、日中にランニングをするのは熱中症などの危険があるので、
朝夕に自主トレをするだけにしようかと思っていましたが、
11月にウルトラマラソンに参加することを考えると、
7月あたりに一回大会に参加しておこうかと考えています。

7月に都内で開催される大会は、
ほとんどが皇居マラソン大会で、他には品川やお台場で大会が
あるそうです。

また、夏ということもあり、夜に開催される(ナイトランと呼ばれる)
大会もあるみたいです。

この中でどれかに参加してみようかと思ったのですが・・・

フルマラソンが全然ない・・・

フルマラソンはこれぐらいの時期に一回走っておきたかったのですが、
都内では、あまりフルマラソンの大会はないみたいです。

ということで、都内ではなく、東京以外にも広げて探してみたいと思います。

それか30kmの大会とかもあったので、そちらで探すことも検討してみます。
ハーフマラソンに数回参加するということも考えてみます。

現在、このブログを書きながらいろいろ大会を探しているんですが、
フルマラソンよりも意外とウルトラマラソンの方があるみたいです。

ウルトラマラソンの60kmコースもあるみたいなので、
そちらに参加してみようかなとも考えてみたりしています。

いずれにしても、マラソンにおいてモチベーションを保つためには、
大会にエントリーすることが大事だと思っているので、
参加する大会が決まったら、またお伝えしたいと思います!

では、また。

スポンサーリンク

久々のトレーニング

日曜日に久々にトレーニングしました。

天気は晴れていたものの、気温30度とかなり暑い日だったため、
外で走るのはやめて、ジムのトレーニングマシンで走りました。

速さは、10km/時に設定し1時間(=10km)走りました。
10kmといっても結構キツかったです。
トレーニングマシンなので、景色は全然変わらないし、
ペースも機械的なので最後の方は体力というよりも、
精神的にキツかったです。

そのあとは少し休憩して、6km/時のペースで歩く練習をしました。
以前のブログでも書きましたが、歩くスピードを上げることも
ウルトラマラソン完走には必要な練習だからです。

最後は、少し腹筋をして、時間を掛けてストレッチをしました。
腹筋をしたのは、少し見た目を良くしようと思いつきでやっただけなので、
特段意味はありません。笑

ストレッチは、疲れを残さず、ケガを防止するためにも時間をかけて
じっくりやることをオススメします。

こんな感じでトレーニングをしましたが、ランニングをするのは
約3週間ぶりだったので、もう少し短いスパンでやった方がいいかなと
思いました。

ただ、あまりやりすぎるとケガに繋がるので、要注意です。
自分もそれでウルトラマラソン前に膝を痛めてしまった経験があるので。
長い距離を走るのであれば、だいたい2週間に一回ぐらいかなと思っています。
間の期間は回復に充てることも大事です。

それにしてもこれから暑くなるので、どうやって走っていこうか
悩み中です。
やっぱり日が落ちた夕方ぐらいから走るのが一番良さそうです。

皆さんもこれから走る場合は、熱中症に十分気をつけて、
こまめに水分を取りながら無理せず頑張ってください!

では、また。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンに向けた練習方法(その6)

こんにちは!

今日もウルトラマラソンに役立つグッズを紹介していきたいと思います。
これまで紹介させていただいたのが、
<スポーツドリンクと多少の食料>
<エアサロンパスやテーピング>
<PASMOやSuica等のICカード>
<携帯の充電器(持ち運び用)>
ですが、最後に紹介するのは物ではありません。

それは「音楽」です。

音楽なしで走っている人ももちろんいますが、
ランニングをしているときに音楽を聴きながら走っている人なら、
音楽は絶対必要だと思います。

何度も書きましたが、ウルトラマラソンは長時間の戦いです。
最初は景色を楽しみながら、または一緒に走っているランナーと
少し会話をしながら走っていると思います。

しかし、距離が増えていくにつれて、景色を楽しむ余裕はなくなってくるし、
一緒に走っているランナーとも遅かれ早かれ距離が離れていき、
一人で走らなければならない時間が必ずどこかであります。

しかもそのときは、だいたい体力的にも精神的にもキツイ時間帯に訪れること
が多いです。

そんなときに、音楽があると自分のランニングにリズムが生まれますし、
何よりもキツイ時間帯の励みになります。

私もスマホに大量の音楽をダウンロードしてから、本番に臨みました。
なるべく、飽きないようにいろんなジャンルの音楽を持っておくのが
ポイントです。あと、リズム感の良い音楽は自分のランニングにも良い
影響があるので、オススメです。

ただ、音楽をスマホでずっと流していると電池の消費スピードが速くなります。
音楽を聴きながら走る場合は、充電器は必須ですのでセットで用意しましょう。

ここまで、自分の体験をもとにオススメのグッズを紹介してきましたが、
最後に気をつけることは、「あまり荷物を重くしないこと」です。
最初は軽いと思っている荷物も、体力が低下するとそれすら大きな負担に
なります。

荷物が重くなりすぎないように工夫して、便利グッズを揃えてみましょう!

では、また。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンに向けた練習方法(その5)

こんばんは。

今日は、前回紹介したウルトラマラソンに役立つグッズ第2弾について、
書きたいと思います!

前回は、飲料食料対策と脚の痛み対策に役立つグッズを紹介しましたが、
今回紹介したいのはコチラです。

<PASMOやSuica等のICカード>
電車に乗るわけでもないのに、なぜそんなものが必要なのかと思う方も
いるかもしれませんが、これが結構役に立ちます。

理由は、コンビニで使えるからです。
飲み物や食べ物等を途中で買いたいと思ったとき、最も便利なのが
コンビニです。飲食料だけなく、バンドエイドも買ったりしました。
(途中で足の裏の皮がむけてしまい、それが徐々に痛くなってしまったからです)

現金を持っていけば良いという意見もあるかもしれませんが、
お釣り等で小銭が増えたりすると、これが結構面倒だったりします。
PASMOやSuica等、ICカード一枚持っていれば、荷物が最小限に抑えられます。

もちろん、お店によってはICカードが使えないところもあるので、
現金を少し持っておくのも大切だと思います。

<携帯の充電器(持ち運び用)>
これは携帯を持って走る人限定ですが、
携帯を持って走るなら、充電器は持っておいたほうが良いです。
前にも書きましたが、ウルトラマラソンとは10何時間という
果てしなく長い戦いです。

私は、スマホのアプリで自分の走るペースや走行距離を測っていましたので、
走っている間ずっとアプリを起動させている状態でした。
また、前や後ろを走る仲間と携帯で連絡を取り合ったり、音楽を聴いたりと
携帯も必需品でしたので、途中で充電切れになって使えなくなるという
事態だけは何としても避けたい心境でした。

携帯の充電器も荷物の負担を軽減するために、できるだけ軽くて長持ちする
ものを購入しましょう。
走行中に購入する場合は、コンビニに売っているので、ICカードを持っている
となお便利、ということになります。

次回も、もう少しだけウルトラマラソンに向けたグッズを紹介したいと思います!

では、また。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンに向けた練習方法(その4)

こんにちは!

今日もまたウルトラマラソンに向けた話をしようと思いますが、
今回は練習方法というよりも、ウルトラマラソンを走るのに
役立つグッズを紹介したいと思います。

<スポーツドリンクと多少の食料>
ウルトラマラソンには、数kmごとにエイドと呼ばれる休憩ポイント
があります。

そこで、飲み物や軽食を取ることができますが、
エイドとの距離が8kmぐらい離れていることもあるので、
エイドだけに頼って、途中でガス欠になったら一気にペースダウンして
しまいます。

飲み物はもちろんですが、少量でも良いので、食べ物も持っておくと
いざ空腹に襲われたときに役立ちます。

飲み物はペットボトルが良いですが、できるだけ小さいペットボトルにする
ことをお勧めします。
理由は、かなり個人的な意見ですが、冷たい状態で飲めるからです。
500mlのペットボトルだと途中でぬるくなってしまうし、
実は結構重いからです。
小さめ(350mlぐらい)のペットボトルがお勧めです!

<エアサロンパスやテーピング>
これは普段から相当鍛えている人には必要ないかもしれませんが、
前回、75km地点まで走れたのもこの2つのおかげでした。

100kmともなると相当長くて、脚に負担のかかる距離なので、
途中で脚の痛みに襲われることが多いと思います。
その痛みを少しでも和らげるために必要なのが、
エアサロンパス等の鎮痛消炎剤やテーピングです。

痛みを和らげるものであれば、エアサロンパスでなくても良いですが、
私はエアサロンパスの匂いが昔の部活時代を思い出し、好きだったので
エアサロンパスを細目に脚にかけていました。

また、テーピングも膝やふくらはぎ等の痛みを抑えるのに非常に効果を発揮します。
脚の痛みに耐えることは超長距離を完走するには絶対条件なので、
うまく付き合っていきましょう。
友人は痛み止めのロキソニンを飲んでいたりもしました。

まだ紹介したいグッズはたくさんあるのですが、次回以降に書きたいと思います!

では、また。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンに向けた練習方法(その3)

こんばんは!

前回の投稿から少し時間が空いてしまいましたが、
今日もウルトラマラソンに向けた練習方法を紹介したいと思います!

<歩くスピードを速くする>
今回は歩くことについて書いてみたいと思います。

ウルトラマラソンは、100kmという途方もない距離です。
トップランナーの人で最後まで走りきれる人はいるかもしれませんが、
大体の人はどこかで歩く場面が出てきます。

たとえ、ゆっくり走っていたとしても、走り続ければ筋肉に疲労が溜まり、
脚の痛みに襲われる場面が何度かあります。
脚に少しでも痛みを感じたら少し歩いた方が良いです。
痛みを抱えたまま走り続けると、痛みはどんどん増幅し、
結果的に痛みで歩くことすらままならない状態になってしまうからです。

特に登り坂では、脚に負担がかなりかかるので歩くランナーの人が多いです。

そこで重要なのが、歩いているときのスピードをどれだけ上げられるか
ということになります。

一般的に歩くスピードの平均は時速4.8kmと言われています。
仮にこのスピードで100km歩き続けた場合、
20.8時間でゴールすることになります。
しかし、当然ながらこれでは時間がかかりすぎですね。

だいたいウルトラマラソンには制限時間が定められていて、
14〜15時間ぐらいでゴールしなければいけません。

では、歩くスピードを時速7.0kmまで上げたらどうなるか。
100kmゴールするのに、14.28時間かかることになります。
先ほどと6時間以上も早くゴールするということです。

もちろん、これは一度も休まず歩き続けた場合での計算なので、
休憩時間等を入れたらもっと時間がかかります。

しかし、歩くスピードを上げることでこんなにも時間が変わるということは
お分かりいただけたでしょうか?

チリも積もれば、ですね。
歩くスピードを上げることは日常生活の中でも練習できますし、
ジムのランニングマシンで速さを設定して練習すればより効果的だと思います。

是非、これからトライしようと思っている人は試してみてください!

では、また。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンに向けた練習方法(その2)

こんばんは。

今日も前回に引き続き、ウルトラマラソンに出場した体験をもとに
練習方法について書きたいと思います!

前回のブログで、ウルトラマラソンを完走するためには、
「フルマラソンを走りきれる体力と脚力が必要」
と書きました。

では、この体力と脚力をどうやって身につけていけば良いのか
ということについて自身の考え方を紹介したいと思います。

<まずはハーフマラソンから挑戦しよう>
まず、フルマラソンを走りきるためには、ハーフマラソンから始めるのが
オススメです。初心者の方がいきなりフルマラソンからチャレンジするのは
少しハードルが高いかなと思います。

最初は少し距離が短くても、完走したときの達成感を味わうことで、
後の練習にも身が入るし、マラソンが楽しくなると思います。

しかし、ハーフマラソンといえども20kmぐらいを走るので、
最初は相当キツイかと思います。
練習の段階で10kmは走りきれるようにしておきましょう。
10kmでもキツイという方は、5kmぐらいからでも良いので、
徐々に慣らしていければ良いし、楽しくやらないとすぐ途中で
挫折してしまいます。

かくいう自分も元々マラソンは大の苦手でした。
初めてハーフマラソンに参加したときも死にそうになりましたが、
そのときに味わった達成感が忘れられなくて、
いつの間にか深みにハマっていきました。

なので、まずは短い距離でも良いから走ることの楽しみを覚えて、
ハーフマラソン大会に参加してみると良いと思います!
そこから段々距離を伸ばしていけば良いと思います。

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

また、どんどん書いていきますので、興味がある方は是非読んでみてください。

スポンサーリンク

ウルトラマラソンに向けた練習方法

こんばんは。

今日は、11月に再挑戦するウルトラマラソンに向けて必要なことを書いてみます。
と言っても、自分自身まだ完走経験がないので、失敗から学んだことをお伝えします。

<42.195kmを走りきれる体力や脚力>
まず、100kmを完走するために必要なことは、フルマラソン42.195kmをゆっくりでも
走りきれるぐらいの体力と脚力です。
これさえできれば、ウルトラマラソンも完走はできると思いました。

自分の中での失敗は、フルマラソンを走る大会に一度も参加しないで、
それを飛ばしてウルトラマラソンにエントリーしたことかと思います。

もちろん練習で50kmぐらい走った(歩いた)ことはありますが、
時間もかなりかかりましたし、30km地点ぐらいからはほとんど歩いていたので、
フルマラソンを走りきれる体力や脚力は備わっていませんでした。

ウルトラマラソンを完走したいのなら、まずフルマラソンの大会に数回参加して、
トレーニングを積むことをお勧めします。

<山道に慣れる>
次に、山道に慣れるということです。
これは、ウルトラマラソンに出て、一番驚いたことなのですが、
スタートして15分ほど走ったところで、いきなり山道コースになったことです。
アップダウンが激しい、とは聞いていたもののまさか山の中を走ることになるとは
夢にも思っていませんでした。

山道なので、走りではなく、ほとんど歩きなのですが、これが結構体力を削られるんです。
やっと山を登って、下りてきたら、すぐまた走り出さないといけないというのも
精神的に中々堪えます。

ウルトラマラソンを完走した友人は、練習でトレイルマラソン(山道をひたすら走る)
に参加していたそうです。

ウルトラマラソンを完走するには、ただ平坦な道で練習するだけでは不十分かもしれないので、
機会があれば山登りに慣れておく訓練もしておいた方が良いと思います。

これは一例ですが、いろんな練習方法があると思います。

これからも色々紹介できるものはしていきたいと思います!

スポンサーリンク

EURO2016開幕!

EURO2016がついに開幕しました!

4年に一度の開催なので、World Cupと一緒です。
前回の2012年開催のときは、なぜか見なかったのですが、
今年は、ドイツにブンデスリーガーを観戦しに行ってから、
すっかりヨーロッパのサッカーにハマってしまったので、今回は
眠いのを我慢して見たいと思います。

ちなみに前々回の2008年開催のときは、まだ学生だったので、
バイトの先輩の家で夜通し見ていました。

今回は、テロの影響で開催が危ぶまれた時もありましたが、
何とか無事開催になって、本当に良かったです!

初戦は、開催国フランスvsルーマニア。

キックオフが日本時間の朝の4時だったので、かなり眠気との戦いでした。。
結果的に後半の途中ぐらいで寝落ちしてしまったようですが。。
結果は開催国フランスの勝利で始まりました!

グループ表は以下のとおりです。

グループA・・・フランス、ルーマニア、アルバニア、スイス
グループB・・・イングランド、ロシア、ウェールズ、スロバキア
グループC・・・ドイツ、ウクライナ、ポーランド、北アイルランド
グループD・・・スペイン、チェコ、トルコ、クロアチア
グループE・・・ベルギー、イタリア、アイルランド、スウェーデン
グループF・・・ポルトガル、アイスランド、オーストリア、ハンガリー

個人的には、イングランド・ドイツ・ポーランド・ベルギーに注目しています!

寝不足になるのが辛いですが、4年に一回しかない大会で、
本当に楽しみな試合ばかりなので、これから楽しみで仕方ないです!!

では、またEUROの話について書きたいと思います!

スポンサーリンク

海外旅行のはなし〜5〜

おはようございます。

今日は、海外旅行のはなし第5弾について書きます。
一応これで最終回になります。また新たに海外旅行に行ったら書きますが。

初めてこのブログを読んだ方のために、

これまでに行った国(都市)を再度書きます。

・アメリカ(サイパン)

・アメリカ(ハワイ)

・タイ(プーケット)

・台湾(台北)

・アメリカ(グアム)

・中国(上海)

・アラブ首長国連邦(ドバイ)

・アメリカ(ニューヨーク)

・メキシコ(カンクン)

・ドイツ(フランクフルト、ミュンヘン)

最後は、ドイツ(フランクフルト、ミュンヘン)とアメリカ(ハワイ)を紹介します。

①ドイツ(フランクフルト、ミュンヘン)編

今年の三月に一週間の休みを使って、前半フランクフルト、後半ミュンヘン
という流れで行きました。

ヨーロッパに行くのも初めてだったので、移動時間の長さに驚きました。
今回は直行便が取れず、アブダビ経由で行ったため、
全部で20時間弱かかったと思います。。ただ、久々に中東の雰囲気も味わうことが
できて楽しかったです!

まずは、フランクフルトを拠点に金融街や歴史ある街並みなどを観光しました。
ヨーロッパの建物は、おとぎ話やジブリに出てきそうなメルヘンチックなものが
多く、非常に魅力的でした。

観光も楽しかったのですが、今回の旅行のメインイベントは、
フランクフルトから電車で2時間ほどかけて訪れた、ドルトムント!

もちろん香川選手が所属しているドルトムントの試合を観戦するためです!

観客収容人数8万人のドルトムントの試合会場はこれまで見たことない
盛り上がりでした。香川選手も出場して、試合も勝って、興奮しっぱなしでした!

次に、ミュンヘンへ移動し、ミュンヘンの街を散策しました。
ドイツ第二の都市と言われるだけあって、フランクフルトとは違う賑わいを感じました。
ここでも、バイエルン・ミュンヘンというサッカーチームのホーム会場の
見学ツアーに参加し、サッカー中心の旅行でもありました。笑

ドイツは、食べ物も美味しいし、ビールも美味しいし言うことなしでしたので、
また訪れたいと思います!できれば次はもう少し暖かい時期に。。

②アメリカ(ハワイ)編

あえて、ハワイは飛ばしていたのですが、最後に書くためでした。
海外旅行の話で、「また訪れたい」とはよく言ってるものの、
二回以上訪れたことがあるのはハワイぐらいです。

ハワイは、もう5回ぐらい行ってますが、素晴らしいのが
何回行っても飽きないことです!

ハワイでの過ごし方ですが、特に観光等もせず基本のんびりします。
朝からビーチでゆっくりして、読書したり昼寝したり・・・
たまにゴルフとかもしますが、基本スタイルはのんびりすることです。

このような過ごし方なので、土日に一日休みを繋げて弾丸で行くということも
できます。特に観光等もしないので、こんなスケジュールでも十分楽しめちゃいます!
是非、弾丸での旅行もオススメします。

ハワイは、何よりも安心感が一番良いです。あと年中暖かいところ。笑

これからもハワイは定期的に(できれば年に一回は)訪れたいです!

第5弾はこれでおしまいです。

とりあえず、これまで行った海外の国について、ざっくり書きましたが、
これからも新しい国へガンガン行きたいと考えているので、
ネタが集まったら、またいつか第6弾書きたいと思います。

一旦これで、海外旅行のはなしシリーズは終わりとなります。
読んでいただいた方、ありがとうございました。

それでは、また!

スポンサーリンク